金の糸でアンチエイジングをする前に知っておきたいこと

金の糸を挿入すると…

古代エジプトのミイラの体から金の糸が発見されたことがきっかけで誕生したと言われているのが、金の糸を使った美容治療です。しわやたるみを目立たなくする効果の他、美白効果としてニキビの跡やしみを薄くすることもできます。コラーゲン繊維の生成が促進されるので肌にハリが戻り、ヒアルロン酸やエラスチンも合成されるので肌全体が若々しくなります。肌がたるむことで毛穴が開いてしまいますが、毛穴を引き締めることも可能です。

金の糸の注意点はある?

金属アレルギーになる可能性がかなり低いので、副作用や安全性は高いと言われていますが、まれに金属アレルギーになることがあります。アレルギー体質の人は、念のために他の若返り治療を受けた方がいいかもしれませんね。金の糸を皮膚に入れることで熱エネルギーを使って肌のリフトアップを行うサーマクールのような治療はできない場合がありますから、他の美容治療も受けたい場合は医師に可能かどうかをよく確かめておきましょう。

施術後はばれたりしない?

金の糸を使う場合は、他の素材でできた糸を入れる場合と同じく、細いニードルを使って皮膚に挿入するだけですから、腫れは基本的に少なめです。麻酔クリームなどを使う影響で挿入した部分に腫れが出ることになりますが。数時間したら目立たなくなります。自宅に帰る時間を調整することで、腫れている顔を家族や知人に見られることを回避できますし、メイクも洗顔もその日から行っても大丈夫です。仕事も欠勤する必要はないですから、施術がばれる可能性は低いでしょう。

小陰唇縮小の手術のメリットとして、デリケートゾーンの見栄えが良くなることや、身体的な悩みの解消が出来ます。